Bluetoothイヤホンのススメ!その2【SoundPEATS Q12】

デジタル機器
この記事は約11分で読めます。

色々な種類のあるBluetoothイヤホンの中から、SoundPEATS Q12を買いました。Bluetoothイヤホンのジャンル分けとこのタイプを購入した経緯はこちら
購入してしばらく立ちますが、非常に満足いく製品でしたのでレビューしたいと思います。

主に外観や使用感をレビューしていきますので、詳細な製品仕様は販売店サイトで確認をお願いします。

スポンサーリンク

SoudPEATS? QCY? TaoToronics? 複数メーカーから同一製品が!

本製品をインターネットで検索すると、明らかに同一思われる製品が複数メーカーより別商品として販売されてることが確認できます。全てを購入したわけではありませんが、写真を見るとどう見ても同一製品です。モデル番号(Q12とか)も同じ。
ざっと調べたのですが、正確なことは分かりません。おそらく、製造元が同一でOEM供給されているのでは?との見解が多数見受けられました。偽物ではないか、といった指摘も見受けられましたが真偽のほどは不明です。
当サイトとしては、実際に購入し利用中のSoundPEATS製のものについて解説と使用感レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Q12はスポーツモデル!他にも色々種類あります

IMG_20170414_000015.jpg

Q12は、カナル型のイヤホンにフラットケーブル、着用時右側(イヤホン部から10cmぐらい先)に小型のコントローラーが接続されているタイプです。レシーバー一体型ですので、ケーブルの着脱はできません。
15グラムと軽く、連続稼働時間6時間とスポーツタイプに分類されていますが、日常に使いたくなるスタイリッシュなデザインです。
他にも、コントローラーがイヤホン部と一体化しているQY8、QY8より軽量化したとされるQ15(ただしコントローラーはケーブル上にあります)など、3000円以下の価格帯で数種類の商品ラインナップがあります。
リーズナブルな価格ですので、好みにより選んでしまいましょう。私はQ12を紹介しますので、判断の材料にしていただければと思います。

スポンサーリンク

おしゃれなケースと交換用イヤーピース付き!

IMG_20170413_235729.jpg

IMG_20170413_235737.jpg

10cm弱四方の箱に入って届きます。思えば、イヤホンを買う機会って、こだわりのある方以外はほとんどないのではないでしょうか。付属品を入手する機会が多いですよね。

IMG_20170413_235811.jpg

箱の中にはこれまたおしゃれなケース。持ち歩く際にイヤホン単体では気になる方には有難いですね。ファスナー付きのしっかりとした作りです。
私はポケットに直接インしたいので日常使う機会はありませんが、後述する付属品の保管用として重宝しています。
ちなみに、私が購入したモデルはブラックなのですが、ケースの色は本体のカラーリングによって変わるのでしょうか。確認できませんが、ブラックのケースは黒地にSoundPEATSロゴが白く印字されていておしゃれです。

IMG_20170413_235910.jpg

付属品は、交換用のイヤーピースとイヤーフック(かける部分)です。サイズ違いで2種類あるので、初期セットアップのものと合わせて3種類ですね。私はあまり気にしないので初期のものを使っていますが、気になる人には有難いですよね。

IMG_20170414_000032.jpg
IMG_20170414_000015.jpg

繰り返しになりますが、本体は15グラムと大変軽いです。カナル型イヤホンの背面がマグネットになっており、使わないときは左右でくっつけておくことが可能です。左右のケーブルも長すぎす、私の場合は前面で付けた場合に胸の当たりに底部が来ます。首に回して使う場合に丁度良い長さですね。フラットケーブルなので、断線の心配も丸ケーブルに比べて少ないと思います。
イヤホンって、首の後ろに回して利用するのは正しい使い方なんでしょうが、ちょっとした電車移動の時など外出先で装着するときなんかはどうしでも前面で利用してしまいます。

IMG_20170414_000102.jpg

コントローラー部分です。非常に小型なので、指の太い人なんかはかえって使いづらいかもしれません。
中央に再生ボタン、左右に音量の上下ボタンの3ボタン式です。進む/戻るボタンはありません。

IMG_20170414_000135.jpg

コントローラーのサイド幅は1cmもないのですが、バッテリー充電用のmicroUSBのポートが設置されています。普段はプラスチックの蓋が被っています。この部分は繰り返し利用するうちに摩耗していきそうです。スポーツタイプ故、汗などの水気に対する策なのだと思います。
1.5時間の充電で6時間使用可能とのことです。私の場合は、週に2、3日寝る前に充電して利用しています。

IMG_20170415_215945.jpg

電波の送受信をする機器を日本で利用する場合、電波法で定めている技術基準を満たす必要があります。基準を満たした製品には技適マークが表示可能なのですが、Q12は表示スペースの都合フラットケーブルにタグ付けされています。安心して利用できますね。

スポンサーリンク

音質も問題なし!バッテリーの充電は煩わしいけれど、ケーブルレスって素晴らしい!

本製品はどちらかというとシャカシャカするタイプです。
音質に関しては、個人の好みによるところが大きいのでなんとも言えませんが、音楽を聴くことに強い拘りがない私のような方には問題なくおすすめできる品質です。
それに、youtubeやネットラジオであればさらに気になりませんね。

初回利用のペアリング時と電源のON/OFF時は女性の日本語音声が流れます。ちょっと音量が大きい気がしますが、気になるほどではありません。

今のところ寝る前充電で運用していますが、充電忘れで使えないことを何回か経験しました。この機会に、モバイルバッテリーを購入しようと思います。スマホの充電にも使えますし。

移動中など、顔回りが動くときにケーブルレスの素晴らしさを感じます。イヤホンが引っ張られて抜けてしまうなんで事ともおさらばです。
ちなみに、スマホと接続した際には画面上のBluetoothアイコンの横に電池の残量表示がされます。これって昔からされましたっけ?スマートフォン側の機能なのかもしれませんが、便利で助かっています(Android 6.0を利用しています。)。

3000円以内でこの満足感、良い買い物をしたと思います!皆さんもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました